トップページ > ARとは

ARサービス

ARとは

AR(Augmented Reality)= 拡張現実

AR(拡張現実)はVR(バーチャルリアリティ)の変種であり、その時周囲を取り巻く現実環境に情報を付加・削除・強調・減衰させ、文字通り人間から見た現実世界を拡張するものを指す。 VRが人工的に構築された現実感と現実を差し替えるのに対し、AR(拡張現実)は現実の一部を改変する技術である。例えば、VRでは、仮想の部屋に居て、仮想のテーブルに置かれた仮想のティーポットを見ているかのような五感情報を人に提示するのに対し、拡張現実では人が実際に居る現実の部屋のテーブルの上に、仮想のティーポットが置かれているかのような情報提示を行う。Wikipedia(2012年12月25日)より

なにやら難しい話なので、StringのPR動画をご覧ください。

スマートフォンの普及により、活用の幅が大きく広まったAR

例えば、ソファーのカタログにARアプリを搭載したスマートフォンやタブレットをかざすと、そのソファーのカタログの上に、カタログで紹介されているソファーが、あたかもその場に存在するかのように3DCGで合成表示されます。アプリ越しに見えるカタログのサイズを基準に、登録されているソファーが、その現実空間において実寸で投影されることから、占有スペースの確認や、その部屋に似合う似合わないといったシミュレーションをも可能になります。
また、スマートフォンやタブレットに搭載されているGPS機能によって得られた位置情報を活用し、マップとして保存されている店舗情報やランドマークなど情報を表示することにより、ユーザーはスマートフォンやタブレットを通して周囲を眺めると、どこに何があるか、あるいはどこで何があったか、更にはどこで何が実施される予定か等も提示することが可能になります。

ARの企画制作・ご提案サポートを承ります

「WEBを機軸としたクロスメディア戦略を展開したい。」
「クロスメディア戦略のコンバージョン率を向上させたい。」
「広告・印刷物にあらたな価値を付加したい。」

ウイズのソリューションが確かなワケ

アプリ制作のみならず、ブランディングや販促といった戦略全体のご相談からお任せください!
株式会社ウイズはクライアントの多様なニーズにお応えいたします。

経験豊富なスタッフがお待ちしております。まずはお気軽にお問い合わせください。

ウイズへのお問い合せはこちら