トップページ > ARとは > ?(企業秘密)

ARサービス

?(企業秘密)

AR(Augmented Reality = 拡張現実)の種類は下記に大別されます。

イメージに対するAR

  • ARマーカー型
  • フレームマーカー型
  • イラスト・写真などのイメージ型

位置情報・空間に対するAR

  • GPS, コンパス, ジャイロセンサー
  • 空間形状認識(PTAM)

またARを実現するためには「ライブラリ」というものが必要になります。代表的なライブラリとしては
ARToolkit, SATCH, Metaio SDK, SmartAR, etc…などがあげられますが、それぞれ性能や機能が異なり長短所が存在します。さらに機能的な違いの他に、下記のような制約・条件など存在し、採用する上で考慮しておく必要があります。

  • ライセンス料の有無
  • ライセンス体系・商用利用制限の有無
  • 公開/非公開(メーカー自体にアプリ開発を依頼する必要)

ウイズは1つのライブラリだけでなく、様々なライブラリを日々研究し使い分けることにより、お客様にとって最適なテクノロジを選択しています。その中でウイズが特に絶大な信頼をおくライブラリが存在します。弊社技術者が数あるライブラリを研究・開発した結果、他のライブラリを圧倒的に凌ぐ「機能性」「信頼性」「総合的コストパフォーマンス」の高さがこのライブラリにありました。

お客様が実現したい機能を、ローコスト・ハイパフォーマンスでご提供すること

このライブラリの活用により、リソースをコンテンツのクオリティに集中し、機能的自由度の高さから、未だかつて無い画期的なアイデアの具現化に役立てています。「他の制作会社に不可能と言われた」「限られた予算ではあるが他社を差別化したい」など、是非ともウイズにご相談ください。

ARの企画制作・ご提案サポートを承ります

「WEBを機軸としたクロスメディア戦略を展開したい。」
「クロスメディア戦略のコンバージョン率を向上させたい。」
「広告・印刷物にあらたな価値を付加したい。」

ウイズのソリューションが確かなワケ

アプリ制作のみならず、ブランディングや販促といった戦略全体のご相談からお任せください!
株式会社ウイズはクライアントの多様なニーズにお応えいたします。

経験豊富なスタッフがお待ちしております。まずはお気軽にお問い合わせください。

ウイズへのお問い合せはこちら